Mendako's Blog
~携帯ショップで働いてます~
人間関係

会社の人間関係がうまくいかないと思ったとき

「あの人には何を注意しても変わらない!!」
「どうしてあの人は何回も浮気するの…!?!?」
「あれだけしてあげたのに何のお返しもないなんて…!!!!」

会社でもプライベートでも
人間関係うまくいかないときに

こういう風に思ったことって
誰しもがありますよね??

私も元々はこういう考えでした。
でもこれって実はすごく自分を苦しめる考え方なんです…!!

というかそもそも
「他人に何かを求める」
という考え方自体が物事がうまくいかなくなる根本だと思っています。

他人に結果を期待してはいけない

他人に結果を期待してはいけない

私は携帯ショップの店長をしていたことがありました。
その時の私の優先時順位は
お店の実績が第一優先でした。

なぜならお店の実績が会社のためになるし
まわりまわって私たちに還元されるから

お客様に提案して成約をいただくことは
自分たちのためでもあるんだと思っていました。

だから私は
お店のスタッフたちにも

「とにかくお客様に提案して!!」
「○○さん今月目標何件足りないよ!!」
「どうしてできないの??あなたのために言ってるんだよ??」

と毎日毎日しつこく
迫っていました
相当うざかったと思います…(笑)

でもお店のスタッフたちは
全く思うように動いてくれません。

「どうして??どうして私はこんなに頑張っているのにみんなは全く頑張ろうとしてくれないの??」

毎日こんな風に思っていました。

おかげで私が店長をしていたころの
お店の営業成績は最悪でした(笑)

よくよく考えてみたら
いくら店長から「あなたのために言ってるんだよ??」
とか言われても余計なお世話だし

そもそも私のため、お店のために
頑張ろうなんて思っていなかったんですね(笑)

そんなことにも気づかず
「お店のため、会社のために頑張ろう!!」
なんて言ったところでそりゃあ誰も動くわけありません(笑)

このころの私に圧倒的に足りなかったのは
見返りを求めずにまずは相手に何をしてあげられるか
の与える心だったんですね。

私は店長になってから
お店の数字のことばかりスタッフに掲げてきました。

そもそもそれが間違いだったんです。

上に立つ人間なら
まずはスタッフが何か困っていることがあったら
真っ先に駆けつけて助けてあげる。

そういう
相手のために何かする。
がなかったんですね。

でもここで注意しなきゃいけないのは
相手のために何かしたんだから今度は私にも返してよ
ってゆーのが先にくると

それって結局
相手のためじゃなくて自分のためなんです。

でも、見返りを求めずに
相手に何かを与え続けていたら
絶対に自分に返ってくるんです。

「めんだこさん忙しそうだったからこれ代わりにやっておきました。」

って言われたときは
些細なことだったけどめちゃくちゃ嬉しかったです。

他人を変えることは不可能…。

他人を変えることは不可能

返りを求めないでまずは相手に与える。

口では簡単に言えるけど
そうはいっても考え方なんて簡単に変わりませんよね。

でもこれだけは強く意識しておいてほしいです。
他人を変えることは絶対にできないんです。

親でも
兄弟でも
夫婦でも
恋人でも
どんなに親しい友人でも

相手を自分の力で変えることだけは絶対にできないんです…!!

大ベストセラー「嫌われる勇気」に
こんな言葉があります。

馬を水辺に連れていくことはできるが、
水を飲ませることは出来ない。

引用:嫌われる勇気|岸見一郎|古賀史健

一頭の馬を水辺に連れて行ったとします。
でも連れて行った馬が水を飲むかどうかは
馬次第なので自分にはコントロールできないという意味ですね。

ここまではまぁわかります。
では次の場合はどうでしょう??

あなたに大好きな彼がいたとします。
だけど彼は何回も浮気を繰り返します。

あなたはとても優しいので
「浮気をするのは自分に魅力がないからかもしれない」
と思い

彼が好きな服や髪形をしたり
彼のために好きな料理を作ったり
彼のために一生懸命尽くしました。

だけど彼は浮気を辞めませんでした。
ここであなたはきっとこう思うかもしれません。

「ここまで尽くしたのにどうして浮気するの…!?!?!?」

でもこれって残酷かもしれませんが
水辺に馬を連れて行って、馬が水を飲まなかったら

「どうしてここまで連れてきたのに水を飲まないの!?!?!?」

と言っているのと同じなんです。

これはたとえ話ですが
もし似たようなことで悩んでいたとしたら
残念ながら相手を変えることは相当難しいでしょう。

でも自分の考え方は変えられます。
人間は誰しも自分の認知した世界の中で生きているので
考え方が変われば見える世界も変わるんです。

今の自分は過去の自分の選択の結果

今の自分は過去の自分の選択の結果

あなたが今仕事のことや人間関係でも
何か悩みがあったとします。

スタッフが言うことを聞いてくれない
彼に浮気された

相手が悪いと思うかもしれません。
自分は相手のために尽くしたと思うかもしれません。

違うんです。

今の状況を作り出しているのは
過去の自分の選択してきた結果なんです。

スタッフが言うことを聞かないのは
あの時自分が店長をやることを選んだから。

彼に浮気されたのは

あの時自分がこの人と付き合うことを選んだから。

すべて自分が選択してきた結果なんです。

大事なのはこれから先を自分がどうしていきたいか。
先を変えるのは今後の自分の選択次第。
これからなりたい自分を目指してそれに沿った選択をすればいいんです。

見返りを求めれば求めるほどどんどん苦しくなる

見返りを求めるとどんどん苦しくなる

相手に見返りや結果を期待すると
その結果が得られなかった時落胆します。

テストでいい点を取りたくて
一生懸命勉強したのに赤点だったら
落ち込みますよね。

それと同じです。

テスト勉強は自分の努力次第で
次の成果につなげることは出来ますが

でも他人は違います。

自分が相手のために何をしようがどうしようが
その結果相手が自分のために何か返してくれるかどうかは
相手次第なのです。

自分にはどうすることもできません。

でも与え続けるんだからつらい??

確かにそうかもしれませんね。
そんなとき私はこう思うようにしてます(笑)

辛いと思っているうちは
まだまだ見返りを求めている未熟な人間なんだな(笑)

さぁーて今日も1日頑張るか(笑)

まとめ

人間関係がうまくいかないとき
どうしても自分に非はない、相手に問題があるんだと
思ってしまいがちですよね。

でも、どうしても相手を変えることは難しいです。
相手を変えようとすればするほど
自分が消耗していってしまいます。

・見返りを求めずに相手に何ができるか
・相手に結果を期待しない
・与え続けるのがつらいと感じるうちはまだまだ相手に期待している

この三つを心がければ
対人関係の考え方が少し変わると思います(^^♪

私がこういう考え方ができるようになったのは
あの大ベストセラー「嫌われる勇気」に影響を受けたからです。

いろいろなところで紹介されているので
知っている人もいると思いますが
まだ読んだことがない人はぜひ一度
読んでみてください。

RELATED POST